2017/05/12

日本フィギュアスケート界が花開いたのは 浅田真央さんがいたからこそ

取材・文/小松庸子 


激動の2016-17シーズンが国別対抗戦をもって幕を閉じました。
本来の国別対抗戦は、グランプリシリーズ、そして世界選手権を戦い終えたあとに行われる、シーズン締めくくりのお祭り的な意味合いも強い大会です。でも、2018年2月に開催が予定される平昌五輪の、プレシーズン最終試合にあたる今回は参加を希望するトップスケーターたちも多く、例年以上に白熱した試合を見ることができました。

羽生選手いわく「真・4回転時代」ともいわれる激動の男子フィギュア界。国別対抗戦を取材するなかで、特に心に響いた男子選手とそのプログラムがありました。それを皆さんと分かち合う前に、今シーズンを語る上で決して忘れられないできごとがあります。浅田真央さんの引退です。

170512_eye_04.jpg 2016年12月に大阪で行なわれた全日本フィギュアスケート選手権にて。現役最後の試合となった。 撮影/坂本正行(世界文化社)

この記事は全2ページです。

あわせて読みたい


美容講座

「家庭画報」本誌

家庭画報イメージ

家庭画報
2017年06月号



食 Restaurant&Food 食の記事をジャンル×場所で探す

家庭画報の旅
村田さん連載

家庭画報編集長 秋山和輝 on Twitter

プレゼント当選者発表
  
食の学校
  
家庭画報アカデミー
  
セブンアカデミー